QIRにおける研究データの公開

近年急速に広まるオープンサイエンスの動きと、それに伴うジャーナルや研究助成機関からの要請によって、研究データの公開が求められる機会が増えています。 本学では、運営指針の改正(2022年3月18日)により、九州大学学術情報リポジトリ(QIR)での研究データの登録・公開が可能になりました。
附属図書館では研究データの公開支援を行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

登録方法

下記のメールアドレスに、【登録するデータファイル】【データに関する情報】をお送りください。
【連絡先】
附属図書館eリソース課リポジトリ係
qir[a]jimu.kyushu-u.ac.jp ※[a]を@に変換

【データに関する情報】
例)
  • データタイトル
  • 作成者情報(氏名・ORCID等の識別子、所属機関名)
  • 作成日・公開日等
  • 抄録(データの内容説明)
  • キーワード
  • 権利表示(ライセンス)
  • 利用規約(利用条件、免責事項)
  • 助成情報(助成機関、研究課題番号)
  • 関連URL(データを根拠とした論文のDOI等)
  • QIR上の公開時期
  • DOI付与の可否
  • 注記等

※最初から上記の情報を全て揃える必要はありません。

論文の根拠データや画像データ、補足データ等については、作成者が著者と同一であれば、論文の本文PDFと同一ページ内で公開することで、【データに関する情報】を省略することができます。ただし、データへの個別のDOIが付与できなくなりますので、ご了承ください。

留意事項

  • サイズが1GBを超えるデータはQIRで対応できないため、外部のデータリポジトリ等をご案内する場合があります。
  • QIRに登録する研究データが公開可能かどうかは、ご自身で事前にご確認ください。以下のような研究データについては、非公開または制限公開としなければならない可能性があります。
    例)
    • 共同研究者による合意がない場合
    • 企業等との共同研究契約等で公開制限がある場合
    • 個人情報・特許情報・安全保障に関する情報等が含まれる場合
  • データ公開の基準としてFAIR原則を推奨します。

DOIの付与

QIRで公開する研究データには、DOI※を付与することが可能です。
本学では、JaLC DOI、DataCite DOIのいずれかを付与することができます。

※DOI(Digital Object Identifier):
インターネット上の電子的なコンテンツに対して与えられる識別子で、”https ://doi.org/”の後にDOIを付けることで該当コンテンツへ恒久的にアクセスするためのURLとなり、リンク切れを防ぐことができます。

FAQ

(データの取り扱い)
Q1. 登録できるデータ容量の上限はありますか。
A1. システム上の上限は1GBです。1ファイルあたりのサイズが100MBを超える場合、またはファイル数が多い場合はご相談ください。

Q2. 登録できるデータフォーマットの種類は何ですか。
A2. デジタルデータであれば、どのデータフォーマットでも登録可能です。ただし、QIRのインターフェースでは、動画、三次元作品等(3Dデータ)に適したビューワーは提供しておりませんので、ダウンロードした人が各自のソフトウェアでご利用いただくことになります。

Q3. データの公開時期を指定することはできますか。特許の取得や共同研究先との契約のため今すぐ公開できませんが、将来的に公開したい研究データがあります。
A3. データ公開日を指定することは可能です。

Q4. データの公開範囲を指定することはできますか。例えばジャーナルの編集者や査読者にだけ、データへのアクセスURLを共有することは可能でしょうか。
A4. データの制限公開については、2022年11月の図書館システム改修後に順次対応予定です。

Q5. 研究データは必ずQIR上で公開しなければなりませんか。
A5. QIRは公開場所の選択肢の1つとしてお考え下さい。ご自身の研究分野やデータ公開の目的、ジャーナルのポリシー、助成機関の求める条件等により、公開先のデータリポジトリを選択する必要があります。
QIR以外での研究データ公開についてもどうぞご相談ください。

(ライセンス、利用条件)
Q6. 登録したデータは第三者による利用が可能ですか。
A6. QIR上で公開されたデータは、そのままでは第三者が利用したいときに利用してよいのか分からない状態です。データの作成者は登録時に以下のようなクリエイティブ・コモンズによるライセンス等を付与することによって、データの利用を促すことができます。

  • CC0ライセンス: 研究データ全般に適用可能。著作権及び関連するすべての権利を最大限放棄し、改変・営利目的も含めてデータの自由な利用を認める。
  • CC BYライセンス: 写真、プログラム、データベース等、創作性があり著作権が認められるデータに適用可能。クレジット表示を条件として改変・営利目的も含めてデータの自由な利用を認める。

Q7. CC0ライセンスを付与して著作権を放棄したら、出典やクレジットを表示してもらうことはできなくなりますか。公開したデータが多くの人に利用されるとうれしいですが、利用されたことがわかるように出典やクレジットを表示してもらえるともっとうれしいです。
A7. いいえ、法的な権利はなくなっても、データの利用条件を提示し、契約としてまたは研究コミュニティにおける規範、慣習として、利用者に引用や出典、帰属、クレジット等の表示を求めることができます。

関連情報

 

※本ページの内容は2022年9月時点での情報を元に作成しています。今後、提供サービス拡大等にあわせて随時情報を更新する予定です。

お問い合わせ先

QIRにおける研究データ公開
附属図書館eリソース課リポジトリ係
Tel: 092-802-2459
E-Mail: qir[a]jimu.kyushu-u.ac.jp ※[a]を@に変換

研究データ管理全般
九州大学データ駆動イノベーション推進本部 研究データ管理支援部門
https://rdm.dx.kyushu-u.ac.jp/contact/(問い合わせフォーム)