FAQ

【登録 (申請・対象者・対象資料) / 登録(方法・非公開) / 著作権 / その他

【登録(申請・対象者・対象資料)】

No
質問
回答
1  

QIRへの登録手続は、どのタイミングで行えばよいのでしょうか。論文が出版社に受理された段階でしょうか。最終的に掲載が決まってページ数が確定したあとでかまいませんか。

 

 

論文が出版された日以降、できるだけすみやかに手続をしてください。出版前であっても、ページ数などの情報が確定していれば、登録していただいてかまいません。

 

2  

著者が研究成果を公開したいと思えば、すぐにQIRへ登録し公開することは可能ですか。

 

 

出版社の著作権ポリシーによります。図書館で確認して、可能であれば公開します。

 

3  

施行以前の研究成果は、登録する必要がありますか。登録を希望することは可能ですか。

 

 

オープンアクセス方針では、教員の負担軽減も考慮し、施行以前の研究成果には方針を適用していません。もちろん、施行以前の研究成果を登録することは可能です。

 

4  

出版社の著作権ポリシーにより、公開禁止(エンバーゴ)期間が存在する場合は、非公開申請を行ってよいですか。

 

 

出版社のポリシーにより公開禁止(エンバーゴ)期間が定められている場合は、リポジトリの公開制限機能を用いて指定した日まで公開を保留することが可能です。そのため、非公開申請を行わず、登録をお願いします。

 

5  

QIRへの登録は教員の義務ですか。

 

 

義務ではありません。オープンアクセス方針では、公的研究資金による研究成果を教員の意思に基づきQIRへ登録することとしています。

 

6  

QIRに研究成果を登録できるのはどんな人ですか。

 

 

本学所属の教職員及び大学院生は登録することができます。また、過去に九州大学に所属していた方であれば、すでに卒業・退職されていたとしても、自身の研究成果を登録することができます。

 

7  

他機関に所属していた当時の研究成果はQIRに登録できますか。 他の大学等へ異動した場合(もしくは退職した場合)、登録済みの論文はどうするのでしょうか。 また、すでに九大所属でなくなっていてもQIRを利用できますか。

 

 

本学所属の教職員及び大学院生であれば、他機関に所属していた時の研究成果であっても登録できます。 登録した学術情報は長期的に保存することが、リポジトリの大きな意義の一つです。他機関への移動や退職の後も、データの削除や異動先へのデータの移行は行いません。

 

8  

九州大学所属の共著者がいる場合、全員が個別に論文をQIRに登録する必要がありますか。

 

 

ありません。どなたか一人でかまいません。

 

9  

オープンアクセス方針の対象論文について、第一著者でない場合はどうしたらよいですか。また、第一著者や論文の責任者(コレスポンディング・オーサー)が九大以外の場合はどうしたらよいですか。

 

 

九州大学オープンアクセス方針では、共著の場合、誰が登録すべきかは指定していません。 もし共著者がすべて九大の場合は、どなたか一人に登録してもらえばよいです。 他大学の方が共著者に含まれる場合は、その方の所属大学でオープンアクセスにすることもありますが、九大でもQIRに登録してください。

 

10  

学内で発行された紀要に投稿したのですが、これも、著者からQIRへの登録を依頼する必要がありますか。

 

 

各部局の定期刊行物をまとめて図書館で登録することができますのでご検討ください。

https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/publications_kyushu

 

11  

QIRに登録できるのはどんな資料ですか。

 

 

研究や教育活動の成果として作成したもの全てを対象としています。「九州大学学術情報リポジトリ運営指針」により、登録できるコンテンツを定めています。

https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/services/open/qir/principle

オープンアクセス方針では、出版社、学協会、学内部局等が発行した出版物に掲載された、学術雑誌論文、会議発表論文、紀要論文を対象としています。

 

12  

オープンアクセス方針の対象にある会議発表論文とはどのようなものですか。

 

 

国際会議等の会議録に掲載された論文のことです。会議でのプレゼンテーションなどの資料ではありません。

 

13  

QIRに画像ファイル、動画、三次元作品は登録できますか。

 

 

デジタルデータであればQIRに登録可能です。ただし、QIRのインターフェースでは、現在のところ、画像ファイル、動画、三次元作品(3Dデータ)に適したビューワーは提供しておりません。ダウンロードした人が、各自のソフトウェアでご利用ください。

 

14  

QIRに科学研究費補助金による成果報告書は登録できますか。また別刷論文がついている場合はどうなりますか。

 

 

登録可能です。 別刷論文についても、著作権の確認をしたうえで登録することができます。

 

15  

QIRに出版した図書も登録できますか。

 

 

登録可能です。 図書の中のまとまりのある一部分(章、節など)でも登録可能です。著作権の確認をしたうえで登録することができます。

 

16  

QIRへの登録する際に、図書館で契約している電子ジャーナルからファイルをダウンロードして、それをそのまま使ってもよいですか。

 

 

出版社版(電子ジャーナルとして出版社が提供しているファイル)の登録を認めていない出版社が多いのが現状です。事前に出版社の著作権ポリシーを確認する必要があります。

 

17  

オープンアクセスジャーナルに投稿した場合や、論文投稿処理費用(APC)を支払ってオープンアクセスとした場合(ハイブリッドオープンアクセスジャーナル)、出版社版をQIRへ登録することができますか。

 

 

リポジトリへの出版社版の登録が許諾されているかどうか確認する必要があります。出版社によっては、出版社ウェブサイト以外での論文本文の無料公開を許諾していない場合があります。図書館で確認します。

 

18  

オープンアクセス方針では、受理される直前の著者最終稿を登録するとのことですが、文系の場合は、受理された後に、誤字脱字のみならず、文章表現なども修正することがあります。

著者最終稿以外の版を登録することはできますか。

 

 

研究成果を提供する際の分かりやすさを考慮して、オープンアクセス方針実施要領では著者最終稿の提供を原則としておりますが、方針本文は「リポジトリ登録が許諾される著者最終稿等の適切な版」としており、著者最終稿に限定される訳ではありません。 分野等の実状に応じ、適切な版を登録してください。出版社版が公開可能であれば、そちらを公開します。

 

19  

著者最終稿をQIRで公開するということは、校正の前ということですが、同じタイトルで、校正前と校正後と違うものが世の中に存在することはよいのでしょうか。著者最終稿にアクセスしてくる方に間違った解釈で利用されてしまわないでしょうか。

 

 

著者最終稿はアクセプトされている原稿なので、アカデミックな内容については、出版社版とほぼ同等と考えられます。 ただ文章表現等は変更された可能性がありますので、それが気になる場合は、図書館に相談していただければ修正することが可能です。 出版社や学会が許可していれば、出版社版をQIRへ登録することができます。

 

【登録(方法・非公開)】

No
質問
回答
1  

QIR登録時のPDFのアップロードについて容量の制限はありますか。

 

 

システム的には制限はありません。現在では、利用しやすさを考慮し、目安として30MB程度としています。

 

2  

QIRのセルフアーカイブ画面(図書館ウェブサイトマイページ)にバージョンを選択する画面があると思うが、著者版以外ではなにがありますか。

 

 

出版社版、著者版、博士学位論文、なしの4つが選べます。 著者版とは著者最終稿のこと、出版社版とは、ジャーナルのサイトで公開されるPDFのことです。

 

3  

QIRへの登録用データはどのようにして提供すればよいのでしょうか。

 

 

図書館のマイページから登録およびファイルのアップロードをお願いします。

https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/services/open/qir/oa_mypage

SSO-KIDや学生IDをお持ちでない方は、メールにて登録依頼及びデータの送付をお願いいたします。 データについて、基本的には電子媒体での送付をお願いします。電子化されていない論文等を登録したい場合は、紙媒体(冊子体)でも対応可能です。その場合は、冊子の返却の要否をお知らせください。返却不要であれば、裁断してPDF化します。

データの提供手段(例):メール添付、Proself(ファイル共有)、CD-R、DVD-R、USBメモリ

 

4  

ファイルフォーマットはPDF以外でQIRへアップロードして問題ないですか。

 

 

システム的には問題ありません。Word、PowerPointを登録いただく場合もあります。その際、図書館でPDFに変換しますが、レイアウトが崩れることもありますので、はじめからPDFで登録していただく方が望ましいです。

 

5  

LaTeXの著者最終稿について、出版社が著作権を持つクラスファイルを使ってPDFを作成することがあるが、それをQIRで公開しても大丈夫でしょうか。

 

 

基本的には、出版社のクラスファイルは適用せずにコンパイルを行い、PDFを作成します。

 

6  

LaTeXの場合も、ある人と共有するため、見やすいフォントにしたい場合、ある人との共有ならよいが、みんなと共有する場合は、お金を払ってくださいという場合、QIRへ登録するために図書館がお金を出してくれるのでしょうか。

 

 

オープンアクセスにするために別途費用が発生する場合、図書館ではその費用を負担することはできないため、非公開申請を行ってください。

 

7  

論文本文だけでなく、それに付随するポスターやプレゼンテーション資料等を登録する際、その関連づけは、どのようにしたらよいでしょうか。別々にしたらわからなくなります。

 

 

図書館ウェブサイトのマイページのQIR登録画面で、複数の業績の関連付けをすることができます。 書誌情報登録画面の下のほうに「▼その他の項目」をクリックして表示させると、「~を一部分として持つ」、「~の別の記録形式である」、「~の異版である」等の関連付けのための項目がありますので記入してください。

 

8  

QIRへ公開の際、正誤表をつけることは可能でしょうか。

また、どのような形で登録されますか。

 

 

本文のPDFファイルに正誤表を挿入することもできますし、本文とは別ファイルとして登録することも可能です。

 

9  

QIRへ登録した後で、取り消したいときはどうすればよいですか。

 

 

QIRで公開済のコンテンツの取り消し(削除)をご希望の場合は、図書館までご連絡ください。削除の申出があった場合の取り扱いについては、九州大学学術情報リポジトリ運用指針の「登録された学術情報等の取扱について」に定められています。なお、差し替えや公開・非公開の切り替えといった変更はユーザー側でできないため、図書館へご相談ください。

https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/services/open/qir/principle

 

10  

紀要のバックナンバーを含め全部QIRへ登録してもらいたいのですが、電子化の作業も含めてお願いできますか。

 

 

登録は可能です。電子化の作業については、分量や著作権の所在等を事前に確認し、作業量を見積もる必要がありますので、個別にご相談ください。

 

11  

九大で契約している電子ジャーナルから自動的にQIRに登録されることはありますか。

 

 

QIRへの登録は著者本人の意思にもとづいて行うもので、図書館が無断で登録することはありません。ただし、投稿規定でQIRでの公開を定めている学内紀要等については、図書館のほうで自動的に登録しています。

 

12  

一定期間後、出版社がインターネットで無料公開するものは、QIRへ登録しなくてもよいですか。

(一定期間後に全掲載論文がオープンアクセスになるジャーナル)

 

 

長期的なアクセス保障や可視性の向上のため、リポジトリへ研究成果を提供することを推奨しております。

 

13  

非公開の申請はどのように行ったらよいでしょうか。

 

 

図書館webサイトのマイページにログインし、リポジトリ登録(セルフアーカイブ)の画面から、案内にしたがって非公開の理由を選択してください。

https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/services/open/qir/oa_mypage

 

【著作権】

No
質問
回答
1  

共著者がいる場合、QIRへの登録の許諾は必要でしょうか。

 

 

QIRへの登録にあたって共著者全員の許諾が法的に必要かどうかは、登録するコンテンツの著作権の状態によって異なります。ただし、共著者間での信頼関係を保つためにも、全員の同意を得ておくほうが望ましいと考えています。

 

2  

共著者からQIRへの登録の許諾を得る場合、手続きに決まりはありますか。口頭での了解でも良いか、文書で了解を得なければなりませんか。

 

 

共著者の許諾が得られていれば、その方法は問いません。図書館に文書等を提出する必要もありません。

 

3  

絵画等の図版をオンライン上で公開すると著作権者だけでなく、資料を所蔵する機関からクレームがくる場合があります。どうしたらよいでしょか。

 

 

問題がある部分をマスキングすることもできますし、登録の際に非公開申請をすることもできます。

 

4  

フォントのライセンスに広く第三者に配布するような用途では使ってはいけないと書いている場合があります。 QIRへ登録する研究成果の本文内で、そのフォントで図を作っていたりすると、通常のオープンなフォントで作り直したりしないといけないでしょうか。

 

 

そのライセンスに従ってください。しかし、作り直しはせずに、図だけ非公開という方法もあります。

 

5  

インターネット上に研究成果を公開することについて、著作権上の問題がないか不安です。

 

 

登録された研究成果について、出版社との間の著作権の確認は図書館が行い、公開が許諾されている版を公開します。公開が許諾されていない場合は、QIRへの登録のみ行い非公開とします。

 

6  

QIRへ登録するために必要となる著作権等の権利確認や許諾手続きは誰がするのですか。

 

 

著作権等の権利確認や、出版社の許諾が必要になった場合の手続きは図書館が行います。共著者の許諾については、QIRへの登録前に登録者本人が行っていると想定しています。

 

7  

特許関係の論文はQIR登録に際して注意が必要ではないでしょうか。

 

 

論文に特許に関わる情報が含まれており、それらを公開することについて配慮が必要な場合は、非公開の申請を行ってください。なお、公開可能時期をお知らせいただければ、公開可能となった時点で公開させていただきます。公開日がわからない場合は、後日公開ということで登録をお願いします。

 

8  

QIRに登録すると、プレプリントや著者最終稿の著作権は大学に移転しますか。

 

 

QIRに登録することで、研究成果の著作権が大学に移転することはありません。

 

【その他】

No
質問
回答
1  

うっかり一つの論文を複数の人がQIRへ登録してしまう場合があると思うがその場合、図書館で整理してもらえますか。

 

 

図書館でもチェックして登録します。

 

2  

QIRはGoogle Scholarと連携しているとのことだが、双方向から検索できるということでしょうか。

 

 

一方向のみです。Google Scholarで検索するとQIRのデータがヒットしますが、QIRで検索してもGoogle Scholarの内容は検索できません。

 

3  

退職した後も、QIRに登録した研究成果は、ずっと公開され続けますか。もし、退職とともに消してほしいという場合はどうしたらよいですか。

 

 

公開され続けます。公開を中止したい場合は、図書館にご連絡ください。

 

4  

QIRの登録から公開までには、どれくらいかかりますか。

 

 

現状では、数日で公開できるようにしています。ただし、著作権の権利処理等により、時間がかかる場合があります。

 

5  

QIRで公開している研究成果の書誌情報へリンクすることは可能でしょうか。

 

 

可能です。DOIが付与されている場合は、DOIのURLをご利用ください。なお、QIRの書誌情報には、リンク切れが起きないようなURL(http://hdl.handle.net/2324/~)を付与しております。書誌情報ページの左に短縮URLとして表示されます。

 

6  

エンバーゴ期間のある雑誌に投稿した論文は、教員がエンバーゴ期間を管理して登録することは難しいので、禁止期間があけたら自動的に公開になるよう工夫してほしいです。

 

 

図書館システムで公開日を設定しておけば自動で公開することが可能となっています。

 

〒819-0395 福岡県福岡市西区元岡744
九州大学附属図書館 eリソース課 リポジトリ係
TEL: 092-802-2459 Email: qir@jimu.kyushu-u.ac.jp