目標・理念

長期目標・理念

  1. 大学図書館基準(昭和27年制定、昭和57年改正)が示す大学図書館の機能を第一の目標とする。即ち、大学における教育研究の基盤施設として、学術情報を収集・組織化・保管し、これを利用者の研究・教育・学習のための利用要求に対し効果的に提供することを目指す。
  2. 電子化資料の整備を進めることを第二の目標とする。即ち、紙媒体での学術情報の収集・組織化・管理・提供という従来からの図書館機能に加えて、学術情報の創造・発信とその世界規模での共有という新たな機能を充実し、さらに昨今の急激な電子化・ネットワーク化の動きに対応して、オンラインジャーナルへのアクセスを確保するという情報配信機能の整備を図る。
  3. 九州大学の新しい機能と組織に対応した大学図書館を構築・運営し、大学改革と活力ある大学づくりに積極的に寄与することを第三の目標とする。

<長期目標・理念を実現するにあたっての三つの観点>

  • 学問的雰囲気と活気に満ちた学習図書館の実現
  • 体系的な蔵書と豊富な研究資料が確保され、ネットワーク社会の恩恵を享受できる機能的で充実した研究図書館の実現
  • 経営感覚を備えた事業体としての大学図書館の運営

中期目標・中期計画

中期目標・中期計画 年度プラン (外部リンク)

中期目標

9. 真理の探究、基本原理の解明や新たな発見を目指した基礎研究と個々の研究者の内在的動機に基づいて行われる学術研究の卓越性と多様性を強化する。併せて、時代の変化に依らず、継承・発展すべき学問分野に対して必要な資源を確保する。

中期計画(図書館)

19. 研究の基本インフラである学術情報資源の安定的整備・計画的拡充を図るとともに、本学で生成される学術研究成果等を積極的に蓄積・発信する。加えて、図書館職員や図書館TA(Teaching Assistant)によるサポートを拡充し、研究のみならず学習・教育も支援する空間・資料・教材の更なる整備・提供により、学術情報基盤としての図書館の機能を強化する。

<附属図書館 令和4年度 年度プラン>

評価指標

【評価指標1】<定性的指標>
毎年度作成する計画に基づき、記録資料・古典籍資料、学術論文、書籍などの学術情報資源(紙媒体、電子媒体)を安定的に整備すること

【評価指標2】<定性的指標>
毎年度作成する計画に基づき、学術情報流通基盤を整備することにより、本学が保有する学術情報資源や生成する研究成果等のオープン化を進めること

【評価指標3】<定性的指標>
毎年度作成する計画に基づき、研究・学習・教育支援のための空間・資料・教材を整備するとともに、図書館TAの活動や講習会などのサポートを充実させること

年度プラン

1. 【評価指標1・3】紙媒体・電子媒体資料を充実させるとともに、蔵書の最適化を図る。

2. 【評価指標1】電子ジャーナルについて、2024年以降のジャーナル整備方針案の合意形成を行うとともに、2023年版の個別購読ジャーナルを選定する。また、OA出版モデルの具体的検討を開始する。

3. 【評価指標1・2】古典籍および特色あるコレクション等の目録及び本文データの公開を進め、講習会・展示会等により広く一般に紹介する。

4. 【評価指標2】図書館システム及び図書館ウェブサイトの更新により機能向上を図る。特に、研究データ公開のための機能を整備する。

5. 【評価指標2】QIRの登録促進、メタデータのオープン化、研究データ公開の試行により本学の研究成果のオープン化を進める。

6. 【評価指標3】図書館職員と図書館TA(Cuter)が協働した学習支援および学習・教育及び専門的分野に特化した講習会を実施する。

7. 【評価指標3】With & Beyondコロナの学習・研究スタイルに対応して館内の利用環境を整備し利用を促進する。

8. 【評価指標3】ビデオ等の教材及び対話型電子副教材の開発と支援を実施し、教材を充実させる。

9. 【評価指標3】各館の施設・設備改修を準備・調整し、実施する。

 

カテゴリ: 
附属図書館の概要