目標・理念

長期目標・理念

  1. 大学図書館基準(昭和27年制定、昭和57年改正)が示す大学図書館の機能を第一の目標とする。即ち、大学における教育研究の基盤施設として、学術情報を収集・組織化・保管し、これを利用者の研究・教育・学習のための利用要求に対し効果的に提供することを目指す。
  2. 電子化資料の整備を進めることを第二の目標とする。即ち、紙媒体での学術情報の収集・組織化・管理・提供という従来からの図書館機能に加えて、学術情報の創造・発信とその世界規模での共有という新たな機能を充実し、さらに昨今の急激な電子化・ネットワーク化の動きに対応して、オンラインジャーナルへのアクセスを確保するという情報配信機能の整備を図る。
  3. 九州大学の新しい機能と組織に対応した大学図書館を構築・運営し、大学改革と活力ある大学づくりに積極的に寄与することを第三の目標とする。

<長期目標・理念を実現するにあたっての三つの観点>

  • 学問的雰囲気と活気に満ちた学習図書館の実現
  • 体系的な蔵書と豊富な研究資料が確保され、ネットワーク社会の恩恵を享受できる機能的で充実した研究図書館の実現
  • 経営感覚を備えた事業体としての大学図書館の運営

中期目標・中期計画

中期目標・中期計画 年度計画 (外部リンク)

<附属図書館 平成30年度 年度計画>

33

34

35

カテゴリ: 
附属図書館の概要