DOI

インターネット上の電子的なコンテンツに対して恒久的に与えられる識別子で、学術雑誌論文等でよく利用されています。これにより、URLのリンク切れなどによっておきる検索機能の障害を克服することができます。http://doi.org/ の後にDOIを付けることで、当該の論文等にアクセスできます。

DOIのメリット

DOIのメリットは主に以下の2つです。

  1. コンテンツへアクセスするための永続的なURLになる
    DOIを登録したコンテンツには http://doi.org/[DOI] というURLが与えられます。これは今後QIRのサーバが移転などしても変化しない永続的なURL(パーマリンク)になります。
  2. コンテンツを特定するグローバルな識別子になる
    九大の研究者情報や、科研費の実績報告書など、業績情報を入力する際にはDOIの記入欄が用意されていることが多いです。論文で参考文献を引用する際にも、文献の特定のためにお使いいただけます。

九州大学で登録するDOIの形式

  • 10.15017/suffix

「10.15017」の部分は、九州大学がジャパンリンクセンター(JaLC)の準会員になったことにより、九州大学へ与えられた記号で、固定です。「suffix」の部分はコンテンツによって異なります(QIRへ登録されたコンテンツの場合、九大コレクション上のURLの末尾の数字になります)。

登録可能なDOIの種類

JaLC DOI

学術コンテンツ(学術論文、書籍等)の相互リンクを実現するために、 JaLCがシステムを構築し、運用されている識別子です。無償で登録できます。

Crossref DOI

国際的な DOI登録機関「CrossRef」に登録する DOI です。主に英文の学術雑誌論文に対して付与されており、引用リンクや検索可能なメタデータデータベースへの採録など登録のメリットがあります。
なお、Crossref DOIを選択した場合には、DOI登録件数に応じてCrossrefの定める登録費用が別途かかります。

※ 1 つのコンテンツに登録できる DOI は、JaLC DOI か CrossRef DOI のいずれか 1 つです。


問い合わせ先:
附属図書館eリソース課リポジトリ係
Tel: 092-802-2459
Mail: qir@jimu.kyushu-u.ac.jp