著作権について

あるコンテンツを九州大学学術情報リポジトリで公開しようとする場合

コンテンツの著作権は、基本的には著者にあります。しかし、学術雑誌等に発表された論文等の著作権は、投稿の際、契約等で学術雑誌の出版者(学協会や出版社等)に譲渡されたり、出版者の了解なしに論文等を公表、配布すること等が制約されたりしている場合があります。 そのため、学術情報リポジトリに論文等を登録する場合は、あらかじめ出版者のポリシーを確認する必要があります。

出版社のポリシーは、論文を投稿される際にご覧になった、著作権譲渡書(Copyright Transfer Form)に詳細が記述されています。また、下記のようなポリシーデータベースで調べることができます。

附属図書館では、著者に代わって許諾状況の確認の支援も行っています。著者ご自身で確認した場合に比べて、公開までに少々時間がかかりますが、 出版者への確認が終わり次第、順次公開されます。

QIRで公開しているコンテンツの利用について

  • QIRで公開しているコンテンツの著作権は、執筆者、出版社(学協会)などが有します。
  • QIRで公開しているコンテンツの利用については、著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
  • 著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には、著作権者の許諾を得てください。ただし、著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会、日本著作出版権管理システムなど)に権利委託されているコンテンツの利用手続については、各著作権等管理事業者に確認してください。