出版物

  • 九州大学総合研究博物館
    収録範囲: 2000 -

    博物館の活動・研究紹介、自然科学や人文科学、考古学に関する記事やコラム、エッセイなど

  • 九州大学基幹教育院
    収録範囲: 2011 -

    これまで全学教育広報誌は、「radix」という愛称で平成6年4月から平成21年3月までの15年の間に計50号を発行してきましたが、全学教育が新しい伊都キャンパスに移ってきたことを機に、誌名を「嚶鳴」と改め、伊都キャンパスの情報をも盛り込みながら、主に全学教育を履修する学生さんの円滑な科目履修を援助すること、学生さんと教職員との意見交流の場を提供することを目的として発刊することとなりました。

  • Biotron Institute, Kyushu University
    収録範囲: 1983 - 2001

    九州大学生物環境調節センターから発行された国際英文誌で、生物環境調節学、環境生物学の基礎と応用に関する原著論文と情報を収録しています。欧米からの投稿も多く、国際的な学術情報の交換の場として寄与しております。

    表紙奥付等はCiNiiから見ることができます。

  • 九州大学大学院理学研究院
    収録範囲: 2007 -

    『九州大学大学院理学研究院研究報告. 地球惑星科学』は、理学研究院から不定期に刊行されている邦文雑誌です。

    2009年発行の22巻3号をもって冊子体の発行が中止となり、以降電子版のみ提供されています。

  • 九州大学先端科学技術共同研究センター
    収録範囲: 1995 -

    九州大学先端科学技術共同研究センターの活動実績を報告しています。
    第10号より、「九州大学先端科学技術共同研究センター年報」から「九州大学産学連携センター年報」に改名しました。

  • 奥田八二日記研究会(九州大学大学文書館内)
    収録範囲: 2018 -

    奥田八二(1920~2001)は九州大学教養部教授・同部長等を務めたのち、1983年の福岡県知事選挙で当選、3期12年務めた学者・政治家である。

    「奥田八二日記研究会」は2016年、日記をはじめとする奥田の資料が九州大学大学文書館に寄贈されたのを機に、研究者・奥田県政関係者等により発足し、日記の翻刻や資料を利用した研究に取り組んでいる。

  • 九州大学機能物質科学研究所
    収録範囲: 1987 - 2002

    表紙奥付等はCiNiiから見ることができます。

  • 九州大学低温センター
    収録範囲: 2007 -

    『九州大学低温センターだより』は、2006年4月の九州大学低温センター発足に伴い、『九州大学極低温実験室だより』の後継誌として創刊されました。

  • NPO法人和の文化研究会
    収録範囲: 2012 -

    NPO法人和の文化研究会の紀要として、一年毎に刊行されています。

  • 九州大学大学院地球社会統合科学府
    収録範囲: 1994 -

    九州大学大学院地球社会統合科学府の研究活動を紹介する活動の一環として、年2回(3月、7月)発行されている。

  • 九州大学大学院人間環境学研究院人間科学部門共生社会学講座
    収録範囲: 2001 - 2006

    平成13年、旧文学部人間科学科で刊行されていた紀要『人間科学』を継承する形で、九州大学大学院人間環境学研究院人間科学部門共生社会学講座の紀要として創刊されました。人間科学部門共生社会学講座は、社会学もしくは人類学を専門とする研究者が所属し、旧文学部人間科学科の比較宗教学、社会学、地域福祉社会学の3講座を母体に成立しました。

  • 九州大学大学院工学研究院附属循環型社会システム工学研究センター
    収録範囲: 2009 -
  • 総合文化学会
    収録範囲: 2014 -
  • 九州大学法学部広報委員会
    収録範囲: 2005 -

    九州大学法学部ニュースは、九州大学法学部の広報活動の一環として、2005年11月に創刊したものです。これまで必ずしも十分ではなかった法学部と保護者・学生とのコミュニケーションの改善に努めるため、今後少なくとも年2回の刊行を目指します。

  • Kyushu University G-COE program Novel Carbon Resource Sciences secretariat
    収録範囲: 2010 - 2013

    Journal of novel carbon resource sciencesでは、九州大学グローバルCOE新炭素資源学の活動実績を報告しています。
    Evergreen」との合同ジャーナルになります。

  • 九州大学農学部附属農場
    収録範囲: 2001 - 2005

    九州大学農学部附属農場の不定期刊行物で、農場関係者の研究成果や学位論文を登載しています。10号より、農場における活動の中で研究面をより強調するために『農場研究報告』に改名しました。

  • Faculty of Mathematics, Kyushu University
    収録範囲: 2006 -

    MI(Math-for-Industry)レクチャーノートシリーズは、文部科学省21世紀COEプログラム「機能数理学の構築と展開」(平成15年~19年)において刊行されていたCOEレクチャーノートの後継シリーズです。 文部科学省大学院教育改革支援プログラム「産業技術が求める数学博士と新修士養成」(平成19年~21年)、グローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」において招聘された国内外の研究者による連続講義に基づく講義・講演録を公開しています。

  • 統計科学研究会
    収録範囲: 1956 - 1958

    『統計科学研究』は、統計科学研究会が、統計科学の水準向上をさらに推進していくために、統計科学の理論及び実地方面に関心をもち、研究を続けている国内各方面の学者、技術者に共通の研究発表の広場を提供し、研究促進、学術情報の交換に寄与することを目標に発刊した和文雑誌です。

     

    メタデータの数式は以下のサイトを参考に記述しております。

  • 九州大学理学部, 九州帝国大学理学部
    収録範囲: 1940 - 1993
  • Faculty of Science, Kyūsyū Imperial University
    収録範囲: 1940 - 1947

    『Memoirs of the Faculty of Science, Kyūsyū Imperial University. Series D, Geology』は、九州帝國大學理學部が刊行していた英文雑誌です。

ページ