• 貴重文物講習会
    フォーマット: 雑誌
    本文言語: 日本語

     2011年に創立100周年を迎える九州大学は、各部局に数多くの貴重文物を蔵しており、キャンパス移転が開始された今日、関係者のこれら貴重文物への認識は重要さを増して来ています。このような情況下、附属図書館では、九大所蔵の貴重文物への認識を深め、図書館職員の専門性の向上を図ることを目的として、貴重文物講習会を開催しました。2007.10~2011.3まで全42回開催し、『九州大学百年の宝物』刊行をもって終了いたしました。

     附属図書館では、講習会の資料をQIRにおいてWeb上で公開するとともに、本学貴重資料の価値を学内外へ広く伝え、研究の発展と社会貢献に寄与することを目的に、本学所蔵貴重資料を学術研究に利用した論文を収集する活動に取り組んでおります。詳しくは、こちらをご覧ください。

    本文を見る
    2010