冰心『春水』自筆原稿の発見に関する中里見教授の論文をQIRで公開しました

Web

このたび、九州大学学術情報リポジトリ(QIR)で、中里見敬教授(九州大学大学院言語文化研究院、附属図書館研究開発室員)の原著論文「冰心手稿藏身日本九州大学 : 《春水》手稿、周作人、滨一卫及其他」(『中国現代文学研究叢刊』掲載)を公開しました。

  • 冰心手稿藏身日本九州大学 : 《春水》手稿、周作人、滨一卫及其他(『中国現代文学研究叢刊』2017年第6期、2017/6/20刊行)
    http://hdl.handle.net/2324/1810704
  • 現代中国の著名作家 冰心(謝冰心)の自筆完全原稿を発見(2017/6/20記者発表会資料)
    http://hdl.handle.net/2324/1810702

同論文は、中里見教授らによって附属図書館の濱文庫から発見され、執筆後95年の時を経て自筆完全原稿であることが確認された、現代中国の著名作家・冰心(謝冰心)の『春水』手稿本に関するものです。QIRでは、併せて、2017年6月に開催された記者会見でプレス関係者への説明に使用されたスライドも公開しております。

九州大学では2017年1月より「九州大学オープンアクセス方針」の運用を開始し、QIRを通した本学教員の研究成果の公開を積極的に推進しています。多くの先生方のご登録をお待ちしております。

関連ニュース

問い合わせ先

附属図書館eリソースサービス室リポジトリ係
Mail:qir@jimu.kyushu-u.ac.jp / TEL:092-642-2342