ウェブサイト&九大コレクションの新機能リリース

Web

2016年4月13日に、図書館ウェブサイトと九大コレクションの新しい機能と細かな改善をリリースしました。これらは、昨年度実施したアンケート(結果)をはじめとする利用者の皆さまからいただいたご意見を元にしたもので、昨年9月のウェブサイトトップページの改善に続くものです。今後も使いやすいウェブサービスを目指して改善を重ねて参ります。

1)新着資料ギャラリーの設置(ウェブサイト)
ウェブサイトのトップページに新着資料ギャラリーを設置しました。様々なタイプの資料を検索できる九大コレクションの中から、新しく入ってきた資料を紹介します。

2)蔵書印画像ブラウズ画面の設置(九大コレクション)
九大コレクションに収録された蔵書印画像(所有者が資料に押した印影を撮影したもの)をブラウズするためのページを設置しました。九大コレクションのヘッダーからアクセスできます。
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/search/browse/seals

3)所蔵コレクションの検索機能改善(ウェブサイト)
九州大学所蔵の文庫などのリストである「所蔵コレクション」に、「属性」「主な資料種別」「分野」で検索する機能を設けました。
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/collections?field_display_tid_i18n=All

4)Mendeleyボタンの設置(九大コレクション)
九大コレクションにMendeleyボタンを設置しました。表示している資料の情報を無料の文献管理ツールMendeleyへワンクリックで取り込むことができます。九大コレクションでPDFを公開している場合にはPDFも取り込まれます(ファイルサイズによっては取り込みに失敗することがあり、PDFが複数ある場合は最後のものだけが対象となります)。

5)セルフアーカイブの見直し(ウェブサイト)
九州大学学術情報リポジトリ(QIR)へのコンテンツ登録を行う「セルフアーカイブ」画面を全面的に見直しました。1月の九州大学オープンアクセス方針の策定を受け、初めての方でも使いやすいように配慮したものです。
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/activities/usage_ref/archive

6)英文の見直し(ウェブサイト、九大コレクション)
主にウェブサイトのマイページを中心に、ボタンやメッセージなどの英文を見直しました。これは九州大学国際化学生委員会(SCIKyu)の協力のもと実施した留学生対象のアンケートおよびインタビューの結果を受けたものです。

7)Retinaディスプレイ対応(ウェブサイト、九大コレクション)
iPhoneやiPadなどの高精細画面(Retinaディスプレイ)でウェブサイトや九大コレクションを表示した際に画像がぼやけて見えるという問題点を部分的に改善しました。

関連情報