【Cuter企画】九大101冊読書会+実験あり『ロウソクの科学』

イベント
学内
開催日: 

平成30年11月8日(木)16時40分〜18時30分

開催場所: 

理系図書館1F ラーニングコモンズ

こんなところに不思議があったなんて

九大100冊に、いま学生に読んでもらいたい図書を新たに加えるなら?
今回は工学研究院の金子賢治先生のご推薦で、『ロウソクの科学』を取り上げます。
九大101冊読書会は、ナビゲーターの先生と図書館TA(Cuter)とともに、不朽の名作をみんなで読み、体験するイベントです。

自然科学総合実験を1.5倍楽しくする読書会

『ロウソクの科学』は、ファラデー(1791-1867)の1859年から翌60年にかけての「クリスマス講演」を本にまとめたものです。
冴え渡る知性と職人生まれの彼ならではの器用さによって、ファラデーは1本の燃えるロウソクから種々の現象の正体が明らかにしていきます。彼の実験は、熱力学、流体力学、電磁気学、さらには生物学にまで及びます。

今回の読書会では、実験も交えつつ、ファラデーが伝えようとした科学の面白さ、そのひろがりを感じてもらえるものにします。
時間のある方は、ぜひ『ロウソクの科学』を読んでから参加してください!

【日時・場所】
平成30年11月8日(木)16:40~18:30
理系図書館1Fラーニングコモンズ
【課題図書】
【当日のプログラム】
・「『ロウソクの科学』はこうして書かれた」 図書館TA(Cuter):本田功輝、雑賀翔平
・「『ロウソクの科学』の想い出(仮)」 ナビゲーター:工学研究院 金子賢治先生
・『ロウソクの科学』の実験をやってみよう
・ ファラデーを超えて,思考は自由に
【申込】
準備のため、なるべく事前申込をお願いします。お申し込みはこちらから(飛び入り参加もOKです)

※読書会とは、同じテキストや本を読んできた人が、その感想をお互いに交換して知見を深める刺激的な場所です。

 

【今後の予定】

ジョセフ コンラッド『闇の奥』
 11月20日(火)映画『地獄の黙示録』上映会 [於:理系図書館]
 11月27日(火)『闇の奥』読書会 [於:中央図書館]
リチャード P. ファインマン『光と物質のふしぎな理論』
 12月11日(火) 読書会 [於:理系図書館]

※開催日は変更になる可能性があります。
※詳細は後日図書館ウェブサイトでお知らせします。ぜひ読書会までに読んでみてください!


【問い合わせ】
理系図書館理系参考調査係
TEL:092-802-2454
E-mail:titosanko@jimu.kyushu-u.ac.jp