渡邊文庫

visibility 閲覧数: 3,006
所蔵館 : 理系図書館
  • 点数 : 887冊
  • 属性 : 文庫
  • 主な資料種別 : 和書, 洋書
  • 分野 : 歴史・地理, 理学

旧地質学講座の渡邊久吉教授旧蔵本。渡邊教授は、国内外の炭田・油田・鉄鉱等の鉱産資源の調査に従事し、文庫にはそれらの調査に関わる報告書や地質図が数多く含まれる。

目録

概要

九州帝国大学への理学部創設に大きく貢献した一人であり、地質学第一講座教授を務めた渡邊久吉の旧蔵本からなる文庫である。
渡邊教授は、国内外の炭田・油田・鉄鉱等の鉱産資源の調査に従事していたことで知られ、文庫にもそれらの調査に関わる報告書や地質図が数多く含まれる。
 

受入

主な資料種別: 和書、洋書 
分野: 地質学
受入: 昭和15年12月16日
数量: 和書570冊 洋書317冊 計887冊(雑誌を含む)
旧蔵者蔵書印: 「渡邊久吉蔵書」※その他「Q吉」や花押のような署名あり
文庫印: 「渡邊教授旧蔵本」
分類: NDC
装備: 「渡邊文庫」のラベル貼付

渡邊久吉(きゅうきち)(1888-1940)
福島県出身。東京帝国大学地質学科卒業。農商務省技手、商工技手等を経て、昭和13年九州帝国大学教授に就任。昭和15年、海軍の用務を帯びて出張中、樺太にて急死。
農商務省地質調査所では、常磐炭田、天塩(てしお)油田などを調査し、また、第三紀の日本列島の古地理などを研究したことで知られる。

 

参考文献

  • 『九州大学五十年史』学術史下巻第4編理学部第4章地質学教室,1967
  • 『地質學雜誌』48(571),1941
配架場所
3F開架
利用注記

理系図書館 資料配置 3階をご覧ください。
通常の図書として利用できます。

サイト内検索