国立国会図書館より御礼状をいただきました(レファレンス協同データベースへの登録)

Web

九州大学附属図書館は、「レファレンス協同データベース」への2019年の年間データ登録点数が、基準の200点を超える465点となり、データベースの発展に寄与したとして、国立国会図書館長より感謝の礼状をいただきました。

「レファレンス協同データベース」は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築するデータベースで、公共図書館や大学図書館等における質問回答事例や、調べ方マニュアルなどが登録されています。
九州大学附属図書館は、2019年7月に、九州大学の図書館職員や図書館TA(Cuter)が作成するWeb上の学習ガイド「Cute.Guides」の各ガイドへのリンク記事を「レファレンス協同データベース」へ登録する取り組みを開始しました。

これを励みに、今後も図書館の連携協力による知識共有の推進に努めてまいります。

参考)


お問い合わせ

附属図書館 学術サポート課 学習・研究支援係
Mail: toesupport@jimu.kyushu-u.ac.jp / TEL: 092-802-2483