図書館TA(Cuter)と協働した学習支援活動により国立大学図書館協会賞を受賞

全館

九州大学附属図書館学術サポート課が「図書館TA(Cuter)と協働した学習支援活動による図書館サービスの高度化」の功績により、令和3年度国立大学図書館協会賞を受賞しました。同賞は、図書館活動における功績や図書館・情報学研究に顕著な業績をあげた個人やグループに対し授与されるもので、九州大学附属図書館の受賞は今回5回目です。令和3年6月25日にオンラインで開催された「第68回国立大学図書館協会総会」の中で表彰式が行われました。

図書館TA(Cuter)は、図書館職員と協働して学習支援に取り組む大学院生です。平成24年3月よりピアサポート活動を開始し、令和元年10月には本学の新TA制度における「アドバンスド・ティーチング・アシスタント(ATA)」に位置付けられました。令和3年7月現在19名の大学院生が活躍しています。図書館内の専用デスクとWebによる学習相談Web学習ガイドCute.Guidesの作成、学部1年生向け講習会の教材作成と講師、学際交流イベントの企画・運営といった活動の中で、図書館と学生の懸け橋としての役割を担うとともに、多様な経験を将来の進学や就職に向けた自身のトレーニング機会に役立てています。

今回の受賞では、学習法指導や進路相談のような図書館職員による直接的な支援が難しい領域に、図書館TA(Cuter)の専門知識や経験を生かせるよう、学生協働の運営体制や活動内容を体系的に整備し、学習・教育・研究を支援する拠点としての図書館機能を高度化するとともに、学内関連部署や教員とも積極的に連携して大学における図書館のプレゼンスを高めることに寄与し、活動の持続可能性を担保したことが「同種の事例を上回る活動の体制、範囲、内容を実現しており、特に傑出した成果」として高く評価されました。

【参考】国立大学図書館協会賞:国立大学図書館協会:https://www.janul.jp/ja/award

受賞記念メダル図書館TA(Cuter)

図書館からひとこと

平成24年より学生とともに取り組んできた学習支援活動が、協会賞受賞という形で評価されたことを大変光栄に思います。これまでの活動にご支援・ご協力くださった関係者の皆様、および歴代の図書館TA(Cuter)に心より感謝いたします。今後も九州大学におけるアクティブ・ラーナーの育成と大学図書館界全体の発展に貢献できるよう取り組んでまいります。


お問い合わせ

附属図書館 学術サポート課 学習・研究支援係
Mail: toesupport@jimu.kyushu-u.ac.jp / TEL: 092-802-2483