中央図書館貴重資料のデジタル撮影・画像提供サービスを開始

中央

令和4年2月より九州大学中央図書館の複写サービスに新たな方式が加わりました。

貴重資料のデジタル撮影・画像提供です。

附属図書館では貴重資料のデジタル化を積極的に進めています。その一環として、今後、中央図書館の貴重図書・準貴重図書の複写を希望される方には撮影を行ってデジタル化画像をお渡しします。

利点

これまで、デジタル化されていない貴重資料の画像を入手したい場合は、申請者ご自身での来館撮影などの限られた方法しかありませんでした。今後は、中央図書館の貴重図書・準貴重図書であれば、図書館職員が撮影を行ったデジタル化画像を受け取ることができます。注1

画像はDVDメディアで郵送しますが、ファイルのサイズによってはメール等でもお送りできますので、より迅速に入手できます。加えて、デジタル化画像は、一般的に紙の複製物よりも現物の再現性が高く、表示を拡大して細部を確認するといったことも可能です。また、ご自身の研究論文や学会発表スライドに掲載するといった二次利用が容易なファイル形式です。注2

なお、本サービスにより撮影したデジタル化画像については、一定期間経過後、本学の貴重資料デジタルアーカイブで公開させていただくことがあります。

注1.資料の劣化状況や著作権等の権利上の点からご希望どおり画像を提供できないことがあります。また、資料保護を優先し、複製作業を専門業者へ委託することがあります。
注2.ただし、二次利用には別途申請が必要です。

申込方法等

以下のご案内をご参照ください。

利用ガイド:九大の資料を取り寄せる 「3.貴重資料の複写」

本サービスの担当

九州大学附属図書館利用者サービス課参考調査係
Mail:toubunken@jimu.kyushu-u.ac.jp (@は半角にご変更ください)
TEL:092-802-2482

九州大学デジタル資料整備事業

附属図書館では、デジタル資料等の学習・教育・研究環境の一層の充実をはかるとともに、貴重書等の保存とデジタル公開を促進するため、九州大学デジタル資料整備事業にも取り組んでいます。広く皆様からのご支援をお待ちしております。