よくある質問 - 資料の利用

できます。九大コレクションの検索結果の詳細画面から、「予約・取寄」ボタンを押し、予約申し込みを行ってください。どの図書館で受け取るかも指定できます。資料が利用できるようになりましたら、ご指定の方法(メールor電話)でご連絡いたします。

図書の場合は現物を、雑誌の場合は論文のコピー(有料)をご希望の図書館・室に取り寄せることができます。(学内の方のみ)
詳しくは、 本や論文を取り寄せる(他キャンパスから) をご覧ください。

九州大学の図書館の資料は、学内のどの図書館でも返却することができます。
ただし、学外の他機関から借用した図書等、資料によっては貸出手続きを行ったカウンターに直接ご返却いただかねばならない資料があります。貸出時の案内に従ってください。

検索結果に「研究室貸出」「長期貸出中」と表示されている資料は、各学部の研究室で研究のために利用中ですので、原則として貸出はできません。 ただし、短期間の利用が可能かどうか、研究室へ問い合わせることも可能です。九大コレクションの検索結果画面で、「所蔵場所」情報をクリックして表示される問合先または各図書館のカウンターにお問い合わせください。

図書館の資料は、基本的に利用者が自由に書架に行って手に取ることができるようになっていますが、例外的に利用制限が設けられている資料があります。
これらの資料の閲覧については、事前に申請が必要な場合もありますので、各図書館にお問い合わせください。

雑誌の最新号は、原則として貸出できません。次号到着までお待ち下さい。 ただし以下の図書館に限り、条件付きで貸出を行っています。詳しくは各図書館の利用案内をご覧ください。

できます。マイページの貸出更新/予約確認メニューからご確認ください(要ログイン)。
 ◆過去に借りた資料は、「すべての履歴」をクリックしてご覧ください

借りた資料を紛失した場合は、すぐに図書館のカウンターまでご連絡ください。
原則として、弁償(同じ資料を入手していただき、図書館へ返却)していただきます。

 

九州大学では、出版社等と取り交わした契約書の利用規程に則り、電子ジャーナルや電子ブックの提供サービスを行っています。
論文等の大量ダウンロードは禁止されています。