ネオ・キュリコニズム ~九大で 好奇心を ともに~【第33回Quricon】

イベント
開催日: 

2020年1月20日(月)

開催場所: 

中央図書館4F きゅうとコモンズ

~Quricon x Cuter 学際交流コラボ第19弾~
普段は聞けない他分野の研究を聞けるチャンスです。

今回のテーマは「ネオ・キュリコニズム~九大で 好奇心を ともに~」です。

2011年に理学部で発祥したQuriconは,全学規模の学際交流企画に発展しました。

そして迎えた2020年。 Quriconは,これまでの歴史をふまえて,新たな歴史を歩み始めます。

これまでよりもいっそう,参加者も主体的になれる会に向けて,

演者公募制を採用し,会の構成もリニューアル・パワーアップしました。

公募で選ばれた演者の話を聞きに是非お越しください。

Quriconとは?>
理学府の院生を中心に始まった学際交流団体と図書館TA(Cuter)が合同企画する研究交流イベントです。
・参加者が多角的な知識、見方を身につけること

・研究内容を、専門外の人にもわかりやすく説明するスキルを身につけることをコンセプトにしています。

【発表者一覧】
  • 皆川 慎太朗さん (理学部地球惑星科学科 B4)
              「き裂の相互作用と成長-なぜそこで割れたのかを考える-」
  • 酒井 レナさん (共創学部 B1)
              「例の脳の障害と線維筋痛症,一気に治療する方法を開発できるかも?!」
  • 劉 歓緒さん・郭 雯さん (人間環境学府行動システム専攻 M1)
              「些細な言語表現の違いで不正行為の抑制力は異なるのか―新たな時代の追試研究―
  • 前田 航希さん (理学部数学科 B1)
              「ボードゲームの世界へ 〜日常に潜む数学〜」
【申込】

準備の都合上、できるだけ事前予約をお願いします。
申し込みはこちらから。

【日時・会場】

1月20日(月) 17:30-20:00(17:00開場)
伊都キャンパスイーストゾーン 中央図書館4Fきゅうとコモンズ