資金を得る者は力をも得る ―若手研究者の原動力を探ろう―【第31回Quricon】

イベント
公開
開催日: 

2019年4月13日(土)14:30-17:50(14:00開場)

開催場所: 

中央図書館4F きゅうとコモンズ

~Quricon x Cuter 学際交流コラボ第16弾~
普段は聞けない他分野の研究を聞けるチャンスです。

今回のテーマは「資金を得るものは力をも得るー若手研究者の原動力を探ろうー」です。

毎年4月に開催しているフェローシップ特集、今年も開催します!

今年も学振に限らず、様々なフェローシップ(研究助成、給付型奨学金)を受けている九大生をお呼びしてお話を伺います。

・フェローシップを受けてからの変化は?

・フェローシップがあったからこそできた研究とは?

大学院生だけでなく、学部生だからこそ獲得できる奨学金(山川賞、学内ジェンダーの研究助成)などを受けた学生も登壇予定です!

学部生もどしどしお申し込みください!

Quriconとは?>
理学府の院生を中心に始まった学際交流団体と図書館TA(Cuter)が合同企画する研究交流イベントです。
・参加者が多角的な知識、見方を身につけること

・研究内容を、専門外の人にもわかりやすく説明するスキルを身につけること

をコンセプトにしています。

【発表者一覧】
  • 井上 陽菜子さん (法学府 CSPAプログラム M2)
    ★九州大学山川賞 受賞
              「日韓関係から、東アジアに魅せられてー地域経済協定の政治学ー」
  • 徳丸 和樹さん (工学府 材料加工学研究室 D3)
    ★日本学術振興会特別研究員DC2 採択
              「葉っぱの上のミクロなデコボコ~生き物に学ぶ微細表面構造~」
  • 松川 祐子さん (工学府 応用無機化学研究室 リーディングプログラム 分子システムデバイスコース D2)
    ★リーディングプログラム 採択
    ★笹川科学研究助成 採択

              「化学を材料へ、デバイスそしてビジネスへ
  • 辻 大地さん (人文科学府 イスラム文明史学研究室 D2)
    ★日本学術振興会特別研究員DC1 採択
    ★九州大学 ジェンダー研究助成 採択

              「セックスから見るイスラーム社会史ー『ソドミー』か?『同性愛』か?という問いを通じてー」
【申込】

準備の都合上、できるだけ事前予約をお願いします。
申し込みはこちらから。

【日時・会場】

4月13日(土) 14:30-17:50(14:00開場)
伊都キャンパスイーストゾーン 中央図書館4Fきゅうとコモンズ