第43回貴重文物講習会「唐・玄宗『紀泰山銘』の原拓資料と銘文の概要」(6/18)

イベント
開催日: 

令和3年6月18日(金) 13:00~14:30

開催場所: 

中央図書館よりWebexによるオンライン配信

九州大学附属図書館では、本学が所蔵するコレクションを学内外の皆様にご活用いただくことを目的に、2011年3月を最後に休止していた貴重文物講習会を再開することといたしました。貴重文物講習会は、主に附属図書館が所蔵する様々なコレクションについて、内容や価値、九大が所蔵するに至った経緯、活用事例等について、各コレクションに関わる学内外の講師にご講演いただく連続講座です。

再開第一弾として、近年中央図書館が受け入れた唐・玄宗「紀泰山銘」の原拓資料について、寄贈者の竹村則行名誉教授にご講演いただきます。
「紀泰山銘」は、玄宗宸筆の雄渾な隷書996字から成り、高さ13メートルを超える偉容を誇る石刻銘文です。泰山山頂に現存しており、開元14年(726)建。玄宗42歳の時であり、その内容は、天下を統一し、封禅を挙行した自信に満ち溢れています。講習会ではその「紀泰山銘」原拓資料現物を会場に用意し、オンラインからご覧いただける予定です。
チラシも併せてご覧ください。

講演題目: 唐・玄宗「紀泰山銘」の原拓資料と銘文の概要
講演者: 竹村則行 名誉教授 (人文科学研究院 中国文学)
講演日時: 令和3年6月18日(金) 13:00~14:30
実施方法: 中央図書館よりWebexによるオンライン配信
※参加には申込が必要です。申込フォームより6月14日(月までにお申込みください。
※新型コロナウィルス感染症の感染拡大状況に応じて一部変更・また中止する可能性があります。

お問い合わせ
九州⼤学附属図書館 収書整理課
電話:092-802-2484
E-mail︓toskacho@jimu.kyushu-u.ac.jp ※@は半⾓に書き換えてください。

【参考
竹村則行著『唐玄宗 紀泰山銘研究―原拓と解釈―』花書院 2013年 ISBN:9784905324768 
過去の貴重文物講習会の資料
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/publications_kyushu/libkicho

本講習会は、「九州大学デジタル資料整備事業」で頂いた寄附金により運営しています。一定金額以上ご寄附いただければ、今回の「紀泰山銘」原拓資料を含め、デジタル化したい貴重書を指定することができます。
ご支援のほど、よろしくお願いいたします。