九大AL教室「プレゼンテーション教育を考える」

イベント
公開
開催日: 

令和元年10月11日(金)15:00~17:00

開催場所: 

九州大学 伊都キャンパス 中央図書館4階 きゅうとコモンズ

講義や図書館での実践例をもとに、プレゼンテーション教育を考えてみませんか?

アクティブラーニングの導入が進む近年の大学教育において、自らの学びや経験を他者に伝えるプレゼンテーション能力の養成を目指した教育が広がりを見せています。また、その対象が初年次学生から大学院生までと幅広いこともあり、それぞれの大学で多様なプレゼンテーション教育の実践が存在しています。
そこで今回の九州大学アクティブラーニング教室は、九州大学におけるプレゼンテーション教育の実践例と共に、今後のプレゼンテーション教育について考える機会としたいと思います。実践例としては、学部1年生を主に対象とした講義「プレゼンテーション入門」および学部2年生以上と大学院生を対象とした講義「プレゼンテーション基礎」、そして、初年次学生からTA教育までの幅広いプレゼンテーション教育を実践している図書館TA(Cuter)の活動について、話題提供して頂きます。話題提供の後には、大学におけるプレゼンテーション教育についての全体討論を予定しています。

開催案内(PDF)

【定員】40名(先着順)

【参加費】無料

【対象】プレゼンテーション教育に関心のある大学教職員、高校教員、大学院生

【講師】 中野美香(福岡工業大学 社会環境学部・准教授)
    上土井宏太(九州大学附属図書館 学術サポート課 学習・研究支援係)

【主催】九州大学基幹教育院・次世代型大学教育開発センター(文部科学省教育関係共同利用拠点事業)

【共催】九州大学附属図書館

【プログラム】

15:00-15:35

話題提供1(中野美香)

「深い学びにつながるプレゼンテーション教育:並行反復学習法による九大生の変化」

本講演では基礎的・汎用的能力の一つとしてプレゼンテーション能力を捉え、深い学びにつながるプレゼンテーション教育の方法と実践事例を紹介します。具体的には、講師が開発した並行反復学習法を用いた九州大学での講義「プレゼンテーション入門」および「プレゼンテーション基礎」の受講生の変化を明らかにし、今後の課題と展望を述べます。

15:35-16:10

話題提供2(上土井宏太)

「九州大学附属図書館におけるプレゼンテーション教育支援-図書館TA(Cuter)と共に-」

九州大学附属図書館では、大学院生の図書館TA(Cuter)が図書館職員と協働して学習支援に取り組んでおり、講習会や学習相談等を通したピアサポートによって、学生たちの身近な存在として活躍しています。本講演では、プレゼンテーション教育を支援するために図書館TA(Cuter)が行っている1年生向けプレゼン講座、TAとなる学生向けに開講されているアカデミックスキルズ講習、高年次基幹教育でのTA活動などについて、実践例を交えながら紹介します。

16:10-16:20 休憩
16:20-17:00 全体討論

【参加申込】次世代型大学教育開発センターウェブサイト内の申込フォーマットにてお申し込みください。

【申込締切】10月7日(月)17:00(ただし、定員に達し次第、受付を終了します。)

【参加者へのお願い】

  • 当日は報告書等利用のための写真撮影を行います。予め、ご承知おき下さい。
  • 駐車場は限られておりますので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

【問い合わせ先】 九州大学 基幹教育院 次世代型大学教育開発センター

Tel:092-802-6070 E-mail:kyoten★artsci.kyushu-u.ac.jp(★を@に置き換えて下さい。)
(タイトルに【10/11九大AL教室】と記載して頂けますと幸いです。)