椎木講堂オープニング展示「九州大学百年の至宝」

イベント
公開
開催日: 

平成26年3月25日(火)~5月2日(金) 9:00-17:00
*4/26(土)を除く土日祝日は閉室

開催場所: 

椎木講堂1Fギャラリー(伊都キャンパス) ※入場無料

椎木講堂のはじまりにふさわしく、九州大学がもつ超一級の宝物から、各学部・学府・研究所の研究成果まで、あらゆる宝物が一堂に会する展示会です。
この展示に、図書館からも各分野の貴重資料、約20点を出品しています。椎木講堂オープニング展示ポスター

特に、4月26日(土)の椎木講堂杮落とし・開学記念式典には、初公開となる春日政治・和男文庫から、国宝級とも言われる貴重資料『無量義経説法品第二 紺紙金泥写経』、慶長勅版『職原抄』を1日限りで展示します。

【その他の主な展示資料】 
*前期と後期で展示替えを行います。(A)は3/25~4/14、(B)は4/16~5/2、表記のないものは全期間展示となります。

  • 支子文庫より 『源氏物語歌絵』(A)
  • 雅俗文庫より 『傾蓋集』『光琳画譜』等(B)
  • 『蒙古襲来絵詞』(A)
  • 貴重古医書コレクションより 『解体新書』、『人間の身体の構造(1555)』(B)
  • クンケル文庫より 『ローマ法大全 ボドツア版(1593)』
  • トマス・アクィナス研究コレクションより 『神学大全 ピオ版(1570)』(B)
  • 経済学研究院所蔵 『国富論(1776初版)』(B)
  • 記録資料館九州文化史資料部門所蔵 『石本家文書』

他にも、総合研究博物館や各部局が所蔵する標本・模型類など、盛りだくさんの内容で、みなさまのお越しをお待ちしています。
ぜひ足をお運びください。