ワイル病病原体発見100周年史料展示会

イベント
学内

展示場所:九州大学医学図書館 2階学習室

展示期間:2013年9月17日(火)~10月4日(金)
平日 9:00~17:00
土日祝 9:30~17:00  入場無料

主催:九州大学大学院医学研究院細菌学
病態修復内科学(旧第一内科)

【内容】
1914(大正3)年、福岡医科大学(現 九州大学医学部)第一内科 稲田龍吉(りょうきち)教授、
井戸 泰(ゆたか)助教授らのグループにより、ワイル病病原体(現在のレプトスピラ)が
発見されました。その100周年を記念して、標記の展示会を開催します。
当時の大学と研究の様子をわかりやすくご紹介していますので、是非ご来場下さい。

 

問合先:医学図書館閲覧係
092-642-6037