• オンライン版 近代文学作家自筆資料集
    収録範囲: 国内
    利用方法: 自宅・出張先学内
    提供元: Japan Digital Archives Center (J-DAC)
    カテゴリ: デジタルコレクション

    ※お使いの端末環境によっては学外からのリモートアクセスでの利用がうまくいかないケースが確認されています。その場合は、他のブラウザでお試しいただくか、学内端末でのご利用をお願いいたします。(推奨環境:Microsoft Edge)(2020年4月13日現在)

虚子記念文学館が所蔵する、明治~戦前期までの近代文学作家60余名の自筆資料約450点を収録。
主な収録作家には高濱虚子、夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介、正岡子規、佐藤春夫、長塚節などがおり、内容は原稿、書簡、句会稿など。
近代文学はもとより、近代美術史、出版文化史の分野においても必須の資料集。

主要資料
直筆原稿類は、夏目漱石「吾輩は猫である」最終章、正岡子規「仰臥漫録」「病牀手記」などが含まれている。
書簡類は、夏目漱石、正岡子規を中心に、芥川龍之介、幸田露伴、佐藤春夫、そして2018年に発見され話題となった森鴎外の全集未収録書簡等の新史料も含まれている。

分野: 
文学