• 上田家兵学書
    タイトルヨミ: ウエダケヘイガクショ
    所蔵館: 中央図書館【箱崎】
    点数: 107部293冊
    属性: 文庫
    主な資料種別: 和本
    分野: 哲学・思想・宗教, 歴史・地理

目録

概要

広島藩家老上田家家伝の兵法秘伝書。甲州流軍学を中心とし、築城図も含まれる。写本の年代は貞享より安政中で、特に10代安世(1777-1820)・12代安敦(1820-1888)の写本が多い。

受入

受入日:1933.6.10
納入者:第三書房
 

 

上田家

上田家は1万7千石を領した広島藩家老で、茶道上田宗箇流の家元でもある。初代上田重安(宗箇、1563-1650)は、丹羽長秀や豊臣秀吉に仕えて武名をあげる傍ら、古田織部から茶道を学び、また作庭に長じた。以来上田家は文武に秀でた当主を多く輩出した。上田家旧蔵の文書は、財団法人上田流和風堂と三原市立図書館に所蔵され、和漢書は広島市立中央図書館浅野文庫に含まれている。
 

参考文献

  • 『幕末維新の芸藩と国老上田家展』広島市文化振興事業団、1989
  • 政治史・茶道史研究協議会編『上田家文書調査報告書』広島市教育委員会、2005
配架場所: 
貴重書庫
利用注記: