• 音無文庫
    タイトルヨミ: オトナシブンコ
    所蔵館: 中央図書館【箱崎】
    点数: 約12000冊
    属性: 文庫
    主な資料種別: 和本, 漢籍, 和書
    分野: 文学・語学, 歴史・地理

目録

受入概要

明治・大正期にかけて、東京大学理学部教授、国立天文台所長などを歴任した天文学者寺尾壽博士の国語学・国文学関係の旧蔵書。

寺尾家と親戚にあたる法文学部中島慎一教授の斡旋により購入。分類:旧分類。

  • 昭和4.2.15 62部 1464冊 3015円
  • 2.20 196部 1153冊 1090.2円
  • 2.25 81部 480冊 1057.6円
  • 3.5 126部 849冊 811.3円
  • 3.11 201部 1103冊 957.9円
  • 3.15 203部 1248冊 968.6円
  • 7.25 1部 18冊 65円
  • 昭和5.3.5 832部 2638冊 1648.7円
  • 3.15 841部 1546冊 1531.89円
  • 昭和6.2.25 478部 1522冊 1710.31円
  • 合計 3021部 12021冊 12856.5円

昭和24年頃の調査では3020部 13792冊 13076円となっている。
契約書の金額も13076円となっている。

追加寄贈分

  • 昭和7.2.20 12部 56冊
    105部 225冊
  • 3.10 5部 8冊
  • 3.25 2部 2冊
  • 合計124部 291冊

※音無文庫目録等には含まれておらず、音無文庫の印も捺されていない。

寺尾壽(1855-1923)
天文学者。福岡藩士寺尾喜平太の長男として福岡に生まれ、藩校修猷館に学んだ。東京大学理学部物理学科を卒業後、フランスで天文学を修める。帰国後、文部省准奏任御用掛、東京物理学校(現東京理科大学)初代校長、東京大学理学部星学科教授、東京天文台(現国立天文台)初代台長等を歴任。引退後は伊豆伊東の音無川のほとりの閑居で国語学国文学関係の古書を蒐集し、読書三昧の生活を送った。

デジタル画像

参考文献

  • 田村隆「音無文庫」『九州大学百年の宝物』丸善プラネット、2011
  • 寺尾新「寺尾壽」『父乃書齋』(三省堂、1943)
  • 『福岡日日新聞』昭和3年6月12日
  • 『九大新聞』12、1928
配架場所: 
書庫地階・保存書庫・貴重書庫
利用注記: 

書庫地階:開架書架に配架しています。自由にご利用ください。
保存書庫:中央図書館 資料配置 閉架書庫 [保存書庫 / 学位論文 / 農学部資料室 / その他]をご覧ください。

デジタル化済み資料は九大コレクションからご覧いただけます。