• 益田文庫
    タイトルヨミ: マスダブンコ
    所蔵館: 中央図書館【箱崎】 伊都図書館
    点数: 493部 2090冊
    属性: 文庫
    主な資料種別: 和本, 漢籍, 和書
    分野: 哲学・思想・宗教, 文学・語学

目録

概要

中学修猷館教師益田古峯の旧蔵書。漢学の線装本を中心とし、特に崎門(山崎闇斎学派)諸儒の著述が多い。

受入

受入日:昭和41年3月22日
備品番号:50565~52654
数量:493部 2090冊(『益田文庫分類目録』による)
    498部 2095冊(カード目録による)
納入者:益田豊彦(古峯三男)
旧蔵者蔵書印:「益田氏藏」等

拓本資料
2006年10月 中央図書館書庫地階階段付近整理作業中に「益田文庫拓本」という紙片とともに81点の拓本が発見される。中国文学研究室による調査に基き、保存容器の作成・データ整備。2011年3月整理完了。

益田古峯(1866-1944)
秋月の下級士族の子。母雪の弟益田静方は秋月党の盟主の一人。名は祐之、号は古峯。妻は近藤畏斎の娘静。山口県令関口隆吉に育てられ、大橋陶庵の思誠 塾、栗本義喬の螟蛉塾、楠本碩水の鳳鳴書院に学ぶ。「福陵新報」記者、福岡県東筑尋常中学校の雇教師を経て、中学修猷館の漢文担当教諭となる。

参考文献

配架場所: 
保存書庫(拓本資料は中央図書館 貴重書庫、洋装本は伊都図書館)