県立福岡病院文庫

visibility 閲覧数: 907
所蔵館 : 医学図書館
  • 点数 : 53冊
  • 属性 : 文庫
  • 主な資料種別 : 和書
  • 分野 : 医学

「九州帝国大学医学部」の前身の「京都帝国大学福岡医科大学」の母体である「県立福岡病院」の旧蔵書。書籍は明治20年(1887年)~明治33年(1900年)に発行された医学専門書で、頁を開くと「外科」、「産婦人科」、「薬局」、「内科」等の所蔵教室名と備品番号が記されている。 深緑色の表紙で製本された書籍の背には金箔の 文字で書名と所蔵機関名「県立福岡病院」が記されている。

目録

概要

「九州帝国大学医学部」の前身の「京都帝国大学福岡医科大学」の母体である「県立福岡病院」の旧蔵書。 明治21年4月に開院した「県立福岡病院」は大森治豊が病院長・外科部長を兼務し、熊谷玄旦が副院長・内科部長を兼任した。 書籍は明治20年(1887年)~明治33年(1900年)に発行された医学専門書で、頁を開くと「外科」、「産婦人科」、「薬局」、「内科」等の所蔵教室名と備品番号が記されている。 深緑色の表紙で製本された書籍の背には金箔の 文字で書名と所蔵機関名「県立福岡病院」が記されている。 現在文庫登録された書籍は3階保存書庫で見つかった未整理資料だが、貴重古医書コレクションの中にも「県立福岡病院」の旧蔵書が含まれている。 合わせると100冊近くになる。

旧蔵者蔵書印:「県立福岡病院」http://hdl.handle.net/2324/1669791  

 

収録範囲(年代)
1887-1900
配架場所
医学図書館3階保存書庫
利用注記

医学図書館 フロアマップをご覧ください

サイト内検索