• 長嵜文庫
    タイトルヨミ: ナガサキブンコ
    所蔵館: 医学図書館
    点数: 56点
    属性: 文庫
    主な資料種別: 和本, 和書, 洋書
    分野: 医学

目録

  • 九大コレクション >長嵜文庫
  • 概要
    長崎県の医家三代(長嵜貫一・長嵜鼎・長嵜康貫)の蔵書56点、他に顕微鏡、匁秤、硝子製乳鉢・乳棒、天秤等が長嵜彰氏(長嵜康貫長男・九州大学医学部卒業、小児外科助教授、医学科非常勤講師)より1998年頃に寄贈され、 2016年度に和本以外の資料を「長嵜文庫」として目録登録された。 小児科教室初代教授伊東祐彦の講義録や、日本医科大学の昭和10年代の講義ノート等が含まれる。 和本についても順次登録予定。
  • 長嵜貫一(1854-1923) 長崎県東彼杵郡波佐見村医師、大村藩医を経て、明治初年に開業、上波佐見村役場中尾及小樽隔離病舎医員勤務
    蔵書:写本、及び書状など
  • 長嵜鼎(1886-1955?) 大正3年九州帝国大学医科大学卒業、小児科教室副主勤務を経て長崎県平戸で開業
    蔵書:洋装本、講義ノート
  • 長嵜康貫(1915-1994? ) 日本医科大学卒業、陸軍軍医、長崎医科大学勤務を経て平戸で父業継承

    蔵書:洋装本、日本医科大学時代の講義ノート

    参考文献

    深川晨堂 『大村藩の医学』、大村藩の医学出版会、1930
    樋口輝雄 『明治医師人名冠』、樋口輝雄、2006
    長嵜康貫 『旅こそ我が青春』、長嵜康貫、1994
    長嵜康貫 『ほたるの宿』、長嵜康貫、1982
    『日本医籍録 第10版』、醫事時論社、1935
    「新会員紹介」(『同門会会報』13-1、九州大学医学部小児科学教室、1915)
    「日本医科大学役員」(『日本医科大学十五年記念誌』、1940)
    竹内孝一 『江戸・明治の医具の変遷』 竹内孝一 1994
     

     

収録範囲(年代): 
18--~1945
配架場所: 
医学図書館3階展示室