よみがえる福岡の炭坑

−明治期の写真・炭鉱札・地図展−

 福岡にはかって筑豊、三池など全国有数の炭鉱があり、北九州の製鉄などとともに日本の産業の基礎を支えてきたところです。しかし、エネルギ−源が石炭から石油に移っていくにしたがい、炭鉱の閉山があいつぎ、現在はかっての名残のボタ山さえも少なくなり、炭鉱の面影は人々の記憶から忘れ去られようとしています。

 九州大学石炭研究資料センタ−は、石炭資料の収集・保存・調査研究のために設立された機関で、ここには石炭に関するたくさんの資料を所蔵しています。この展示は、同センタ−が所蔵する資料のうち、福岡県内の主に明治期における炭鉱の写真、炭鉱札、炭鉱地図などを展示し、忘れられかけた炭鉱の一端をよみがえらせようとするものです。

写真集

炭鉱札

地図