学内刊行物の電子的公開について

九州大学内の部局・センター・講座・研究室等が発行する紀要等の刊行物を、「九州大学学術情報リポジトリ(QIR)」から電子的に公開することができます。

1. 電子的公開に先立つ許諾確認

刊行物の電子的公開に先立つ著者等への許諾確認については、各刊行物の発行主体でお願いしています。紀要や協会誌における著作権の帰属パターンには、以下の3つが考えられます。QIRで公開している学内刊行物では、2の事例が多いようです。

例)「九州大学大学院農学研究院学芸雑誌」、「九州大学農学部演習林報告」、統計科学研究会

紀要・学協会誌における著作権の帰属パターン

  1. 著作権を刊行元に帰属
  2. 著作権を刊行元に帰属、著者に自由な利用を認める
  3. 著作権は著者に帰属、電子化や公衆送信の権利を刊行元に認める
  • 1……刊行元の権限が強い。著作者による利用の自由がないため、著作者が自身の著作物を二次的に利用する場合(所属機関の機関リポジトリへ登録するなど)は刊行元に問い合わせるなどの手続きが必要。
  • 2, 3……刊行元が自機関のWebサイトや機関リポジトリから公開する権利を有したうえで、著者側にも著作物利用の自由があるため、著者は二次的な利用にあたっての手続きが不要。
  • 3……刊行元は電子化・公衆送信以外の権利を認められていないため、著作の二次利用等の必要性が生じた場合に、別途著者からの許諾を得る必要が生じる。

また、今後刊行される巻号の電子的公開のため、投稿規定への明記をおすすめいたします。

2. PDFファイルの作成

「九州大学学術情報リポジトリ」から公開する論文等は、通常PDF形式のファイルを利用しています。

2-1. バックナンバー

原則として、データの提供は電子媒体でお願いしています。
冊子からPDFを作成する必要がある場合、専門業者へ作業を依頼しています。金額の見積もりが必要になりますので、事前にご相談ください。また、電子化にあたり、裁断可能な冊子を1部ご提供いただきます。

2-2. 今後の刊行分

印刷業者様に、冊子とあわせてPDFファイルを納品いただくよう、ご調整をお願いいたします。
ファイルを図書館へお送りいただく際は、九州大学のファイル共有システムをご利用いただくのが便利です。
http://www.m.kyushu-u.ac.jp/storage/
印刷業者様によっては、図書館へファイルをお持ちいただける場合もあります。

3. 登録作業

登録作業は図書館で進めさせていただきます。通常、数か月を要しますので、この間に1の許諾確認を進めていただくことになります。

4. 公開

1~3の手順が完了次第、刊行物がインターネット上に公開されます。登録された論文等は、図書館Webサイトトップページの検索窓(九大コレクション)から検索できるようになります。また、刊行物ごとの一覧ページを用意します。さらに、CiNii Articlesからも本文へリンクされるようになります。

刊行物のページ(九大コレクション>成果文献>出版物)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/publications_kyushu

5. e-ISSN

4の刊行物のページを利用し、オンラインジャーナルとしてe-ISSNの登録を申請することができます。申請手続は、各刊行物の発行主体においてお願いします。
ISSN日本センター:http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/issn/

申請例:基幹教育紀要 https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/publications_kyushu/kikanbulletin

6. DOI(デジタルオブジェクト識別子)

QIRに登録した論文等に対する、DOIの登録を順次進めています。九州大学で付与したDOIは「10.15017/~」という形式になります。


お問い合わせ先
附属図書館eリソースサービス室リポジトリ係
E-Mail: qir@jimu.kyushu-u.ac.jp
TEL: 092-642-2342