利用のための手続

ご利用前に

ご利用になれる方

本学構成員に支障のない範囲で、学術にかかわる学習または研究・調査を目的とする方(本学卒業生、民間機関等に所属する方を含む)を対象とします。 単に座席を使用するための利用や、原則として18歳未満の児童・生徒及び大学受験生等の利用はできません。ご了承下さい。

なお、大学の定期試験中(7月~8月初旬、1月下旬~2月)の利用を制限する場合がございます。

【箱崎】中央図書館は、平成30年7月31日をもって閉館します。
文系合同図書室は、平成30年3月30日で閉室しました。

一時的に利用される場合

入館・閲覧をご希望の方は、直接各館・室カウンターにお越し下さい。カウンターで必要書類にご記入いただきます。身分証明書は不要です。ゲートとカウンターの遠い館室では、インターフォン等で係員にお声をおかけください。

継続的な利用または館外貸出を希望される場合

継続的な利用・貸出を希望される方は、利用登録をして図書館利用者票を作成することができます。 ただし、貸出が可能なのは中央図書館・伊都図書館・芸術工学図書館・筑紫図書館です。他の図書館・図書室は学外の方に貸出は行っていません(医学図書館は病院地区の卒業生のみ貸出可)。 郵送で申し込むこともできます。

申込窓口および必要な書類

利用区分 手続場所 必要書類 交付
入館・閲覧のみ 各館(郵送申込可)
※医学図書館は作成・更新不可
本人確認ができる公的な証明書類(免許証・パスポート・保険証等)
「九州大学附属図書館利用者票交付申請書」
1週間以内に作成(即日発行不可)
申請した館の窓口に来館してお受け取りください。
貸出可 中央図書館・伊都図書館・芸術工学図書館(郵送申込可)
※医学図書館は病院地区の卒業生のみ発行(別様式のため来館して申請書記入)
本人および住所確認ができる公的な証明書類(免許証・パスポート・保険証・住基カード・在留カード等)
「九州大学附属図書館利用者票交付申請書」
顔写真(3×2.5cm)

※上記の証明書類のご提示が困難な場合は、窓口にご相談ください。

【箱崎】中央図書館は、平成30年6月末をもって、利用申請の受付を停止します。

貸出申請のためのご注意

  • 「自らの専門や課題を持ち、大学特有の学術に関わる図書を継続的に利用して、研究・調査・学習する方」に対して貸出を行っています。申請書中の「利用目的」欄には研究・調査・学習内容について、具体的に記述してください。
  • 利用者票のお受け取りの際には、申込者ご本人であることを確認できる証明書類をご提示ください。
  • 「利用者票」は大切に保管していただくとともに、紛失や住所変更等の場合はすみやかにお申し出ください。

入館・退館

入館

  • 車椅子をご利用の方等、お手伝いが必要な場合は、インターフォン等で係員をお呼びください。
    • 館内のエレベーター、トイレ等の設備については、各館にお尋ねください。

退館

  • 退館ゲートは一人ずつ通過してください。貸出手続きを行わず不正に図書資料を持ち出そうとした場合には、警告音が鳴りゲートが封鎖されます。その際にはカウンターで手荷物のチェック等させていただきますのでご協力をお願いします。
    なお、以下の物品が手荷物にある場合等にゲートが誤作動を起こすことがあります。ご容赦下さい。
    • 他大学から相互利用サービスで借りた図書
    • レンタルCD・DVD等
    • 携帯電話・携帯型音楽プレーヤー

ご利用にあたってのお願い

  • 駐車スペースが限られておりますので、車での来館はご遠慮ください。
  • 館内での飲食及び利用マナーをお守りください。館内で迷惑行為を行った場合、利用をお断りする場合があります。
  • 携帯電話はマナーモードで、使用は決められた場所(携帯電話ブース等)でお願いします。
  • 情報機器や電子情報類の不正使用はおやめください。また、パソコン等は決められた場所でご使用ください。
  • 館内では貴重品等は放置せず必ず身に付けてください。